蕁麻疹診療ガイドライン2018のまとめ


日本皮膚科学会より蕁麻疹診療ガイドライン2018が公開されました。慢性蕁麻疹に対してゾレア®皮下注が使用できるようなったこともありますが、既存の診療についても改めて考察したいと思います。当クリニックでは下記内容に準拠して治療をおこなっていきます。

蕁麻疹診療ガイドライン2018のまとめ(内服療法のみ)

診断

  1. 正しい病型診断

  2. 診断は臨床的、原因検索目的でスクリーニング的な検査はしない

  3. 治療目標、経過、予後の可能性を説明

治療

  1. 治療の基本は第2世代抗ヒスタミン(抗アレルギー)剤

  2. ステロイド外用は一般的な蕁麻疹治療法としては推奨されない

  3. 症状軽減のための局所冷却は経験的に試みても良い

  4. 治療効果不十分のときは2倍量までの増量、2剤併用

  5. 効果不十分のときは抗ヒスタミン剤変更

  6. 効果不十分のときは補助的治療薬を使用

  • H2拮抗薬

  • 抗ロイコトリエン薬

  • DDS(副作用に注意)

  • トラネキサム酸

  • ステロイド内服・点滴(短期間)

  1. 症状軽快後も一定期間抗ヒスタミン剤を服用

  • 急性蕁麻疹 数日から1週間

  • 発症2ヵ月以内の慢性蕁麻疹 1ヵ月程度

  • 発症後2ヵ月以上経過した慢性蕁麻疹 2ヵ月程度


#保険診療 #蕁麻疹

370回の閲覧

保険診療・自由診療ともにカード・交通系カード・電子マネー・QR決済が可能です

当院はCLINICSによるオンライン診療をおこなっています

スクリーンショット 2020-06-09 22.22.23.png

© 2014 by Kobayashi Skin Care Clinic. 2015 by Popokenn Inc.