​美容

美容外来は完全予約制です

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

皮膚科専門医(女性医師)による丁寧なカウンセリング、施術を心がけています。

肌トラブルや美容施術や化粧品相談・カウンセリングなどもしています。

美容外来でおこなっている治療

にきび・にきび痕

肌のくすみ改善、つや・はり

​毛穴のつまり治療

しみ取り 

赤ら顔治療 

肝斑治療 

ほくろ除去 

しわ・たるみ治療

BLNS注射(小顔注射) 

​ピアス穴あけ

​スキンケア相談

​美容注射・点滴、プラセンタ

初診は45分予約制になりますので、電話あるいは受付にて予約をお願いいたします。

顔の診察・カウンセリングの場合、肌画像カウンセリングシステム(re-Beau2)による診察するため、化粧を落とした状態で診察させていただきます。受診時に落として頂くことも可能です(化粧落としはパウダールームにあります。ご自由にお使いください)。診察のためにご協力お願いいたします。

 

初診の方は、美容相談の場合でも健康保険証をかならずお持ちください。

このページにある問診票をダウンロードし内容記載したものを、受診の際に提出していただくとカウンセリングがスムーズになります。ご協力お願いいたします。​

注意)保険診療と自由診療を同日に行うことはできません。ご了承ください。

担当医師:小林ひかり 

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

日本コスメティック協会

コスメマイスター

スキンケアマイスター

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

診察日:月曜午前、水曜、木曜午前、土曜(1・3・5週)完全予約制

☆診察日についてはSNS(Twitter)、ブログにてご確認ください。

診療代金 初診料:5,400円(45分)、再診料:1,080円(いずれも税込

​☆ピアス挿入、まつげ治療薬などの購入のみの場合は初診料はかかりません

しみ・そばかす・くすみ・肝斑・美白治療

皮膚科専門医によるカウンセリングをおこない、ダーモスコピーなどによりしみの種類を診断します。しみの種類により、それぞれの治療方針を決定します。

ほとんどの患者さまは様々なしみが混在しています。代表的なものは下記に示すようなものがあり、それぞれに治療法が異なります。当クリニックでは皮膚科専門医がダーモスコピーを用いてしみの評価をおこない、患者さまひとりひとりに最適な治療法を提案いたします。

 

  • 老人性色素斑(しみ)

  • 雀卵斑(そばかす)

  • 肝斑

  • ADM(後天性メラノサイトーシス)

  • 炎症後色素沈着

  • 脂漏性角化症

老人性色素斑(しみ)

 

境界明瞭な淡い褐色斑としてみられる。

雀卵斑(そばかす)

 

学童期からできる小さい黄褐色斑。鼻部〜頬部に多い。

肝斑

 

頬骨のあたりにできる褐色斑のしみ。左右対称性である。

 

ADM

 

10〜20歳台に両頬部にできる青灰色から褐色調の色素斑

 

炎症後色素沈着

 

湿疹やにきび、やけどの後に残る褐色斑。時間経過で軽快します。

脂漏性角化症

 

「老人性いぼ」とも言われる、しみが硬くなり凝りになった状態です。

治療法はしみの種類により変わります。

当クリニックで施行できる治療を単独あるいは組み合わせることで治療効果を高めていきます。

■レーザートーニング

■レーザー治療

■光治療(フォトフェイシャル®)

■ケミカルピーリング、イオン・超音波導入

■内服・外用療法

​■化粧品

治療後のアフターケアについても丁寧に指導・説明します。

 

保湿・生活習慣・食生活・紫外線対策・スキンケアは再発防止にとても重要です。ひとりひとりの肌にあったスキンケア、化粧品・内服薬選びをお手伝いさせていただきます。

​レーザートーニング

しみによるくすみ、色ムラ、毛穴のひらきの治療に効果を発揮します。QスイッチYAGレーザーの機器を使用しておこないます。肝斑については症状・肌の状態を確認し、よく相談してから治療をおこなうか決定します。施術後の副作用が少ないこと、ダウンタイムがほぼないこと、施術後のかさぶたができないことが特徴です。複数回施行することで効果が得られます。

​しみ取りレーザー治療(QスイッチYAGレーザー)

JMEC社のメドライトC6という機器を使用します。レーザー光線が表皮・真皮内の色素にのみ反応するため、正常組織を痛めることなくしみを除去することができます。一度の治療で除去することが可能です。

​アクアピュア(AQUAPURE®)

エストラボ社のAQUAPUREという機器を使用します。アクアピールによる毛穴洗浄やエレクトロポレーションによる美容液注入をおこなうことが可能です。ケミカルピーリングなどと組み合わせておこないます。

光治療(フォトフェイシャル®)

ルミナス社のM22という機器を使用します。レーザーよりも弱い光の波長を選んであてることで、しみやくすみ、赤ら顔、肌のたるみなど様々な肌のお悩みに対応します。くび、デコルテ、前腕・手背などのしみにも有効です。

ボトックス注射(眉間や額のしわ取り)

ボツリヌス毒素(ボトックス)を注入することで筋肉を局所的に麻痺させ、眉間や額のしわなどの表情じわを改善させる治療です。適量を注射することで周囲皮膚への影響はほとんどなく、表情に影響をあたえることはありません。

 

えらの筋肉が張っている方には、注射することで小顔矯正することも可能です。

 

施術可能部位:両目尻・頬(上部・下部)・眉間・下顎・口元・鼻のしわ

ヒアルロン酸注入(しわ・たるみ改善)

頬・ほうれい線(鼻唇溝)・口元・あごなどのしわや顔全体のたるみを改善させるためにヒアルロン酸(高架橋・低架橋)を注入する治療です。当クリニックではアラガン社のジュビダームビスタ®を使用して施術します。

 

施術可能部位:額・頬・ほうれい線(鼻唇溝)・口元・あご

BNLS注射(小顔・部分やせ注射)

BNLS neoは、新成分デオキシコール酸配合の脂肪溶解・輪郭形成注射です。主に顔の余剰な脂肪が気になる部分にBNLS neoを注射することで、脂肪分解作用、血管強化・リンパ循環排出作用、タイトニング作用が起こり、肌のたるみの改善やひきしめを行っていきます。

 

施術可能部位:顔(頬・あご)

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、グリコール酸、乳酸やサリチル酸などの化学物質を皮膚に塗布し、角質や毛穴のつまりを剥離・除去をする治療です。にきび、日光黒子(しみ)、肝斑(しみ)、雀卵斑(そばかす)、炎症後色素沈着(しみ)、小じわなどに有効であるとされています。施術可能部位は顔、頚部(首)、デコルテ(前胸部)、背部です。

  • ピーリングの後はイオン導入・超音波導入を併用することもできます。

  • 2〜4週間ごとに、5回〜10回を1セットとして治療することで効果が得られます。

 

サリチル酸ケミカルピーリング

主ににきびやにきび痕に対して治療効果が高いピーリングです。

施術時間が短く、負担も少なく行なうことができます。

 

グリコール酸、乳酸ケミカルピーリング

主にしみ、そばかすや小じわが気に対して治療効果が高いピーリングです。

ピーリング剤の刺激が強い場合、濃度や時間を調整して施行していきます。

 

ケミカルピーリング後のホームケア製品も取り揃えております。ご相談下さい。

まつげ治療薬(育毛剤)

睫毛貧毛症に対して使用するグラッシュビスタを販売しております。

まつ毛の長さ・太さ(豊かさ)・濃さにお悩みの方はご相談下さい。

有効成分ビマトプロストは、①毛周期における成長期の延長、②休止期毛包の刺激、③メラニン合成活性化が知られており、まつ毛を長く・豊かなものにしてくれます。

グラッシュビスタ外用液剤0.03%には、使い捨て専用ブラシ(140本;両眼各々使用で70日分)が含まれています。

注意)ルミガン点眼液はグラッシュビスタと同一成分ですが、ルミガンは「緑内障・高眼圧症」以外の適応はありません。まつ毛に使用することの安全性は確立しておらず、当クリニックではグラッシュビスタのみの販売となります。ご了承ください。

ピアス

当クリニックでは、ブロムダール社の医療機関向けピアシング製品を使用しています。金属アレルギーが心配の方のために、純チタン・プラスチックピアス(キャッチはプラスチック製)を使用しております。ドクターの指導のもとファーストピアスを安全に行なうことができます。

 

ピアス後のトラブルにも対応しています。治療用シリコンピアスなども用意しておりますので、ご気軽にご相談ください。

 

軟骨(トラガス)・臍(へそ)のピアスもおこなっています。

​自費診療で取扱いのある主な内服薬・外用剤

抗生剤:ミノサイクリン、ドキシサイクリン、ロキシスロマイシンなど

内服:トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンB2、B6セット、メトロニダゾールなど

外用:クリンダマイシンゲルなど抗菌外用剤

外用:メトロニダゾールゲル(酒さ・脂漏性皮膚炎治療外用剤)

Please reload

美容注射・点滴、プラセンタ

ビタミン注射(ビタミンB群、ビタミンC、タチオン)、プラセンタ筋注をおこなっております。

​詳細はスタッフ・医師にまでご相談ください。

保険診療・自由診療ともにカード・交通系カード・電子マネー・QR決済が可能です。

© 2014 by Kobayashi Skin Care Clinic. 2015 by Popokenn Inc.