皮膚科の新薬について

11月28日より、原発性腋窩多汗症*(わき汗)に対してエクロック®ゲル5%(科研製薬)が処方開始になります。外用剤としては初めての抗コリン作用を有する薬品となります。いままでの(原発性)腋窩多汗症の治療としては、外用療法(塩化アルミニウム水溶液(自費))、内服療法(プロバン・サイン、漢方)、ボトックス注(保険適応)などがありましたが、外用療法の新しい選択肢となります。


*原発性腋窩多汗症については診断基準があります。詳細はボトックス療法のページにてご確認ください。


また、アトピー性皮膚炎の生物学的製剤であるデュピクセント®皮下注300mgの自己注用であるデュピクセント®皮下注300mgペンが11月25日から処方できるようになりました。いままでの駐車製剤よりも簡便かつ安全に自己注することが可能になります。


上記内容について詳細を知りたい方は、受診時にご相談ください。





543回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

GW期間中の休診について

4月29日(木曜)〜5月5日(水曜)までの期間はGWのため休診とさせていただきます。 5月6日(木曜)より通常診療となりますが、新型コロナウイルス感染症にともなう緊急事態宣言発動に伴い診療時間の変更がある場合があります。ホームページなどで告知を行いますが、詳細につきましては今しばらくお待ち下さい。 よろしくお願いいたします。

保険診療・自由診療ともにカード・交通系カード・電子マネー・QR決済が可能です

当院はCLINICSによるオンライン診療をおこなっています

スクリーンショット 2020-06-09 22.22.23.png

© 2014 by Kobayashi Skin Care Clinic. 2015 by Popokenn Inc.